2つの方法:Blu-ray PCMでMKV / MP4をBlu-rayディスクに書き込む

概要:

    Blu-rayディスクのPCM(Pulse Code Modulation)は、忠実度の高いサウンドを提供することで知られる非圧縮オーディオ形式です。ドルビーデジタルやDTSなどの非可逆形式とは異なり、PCMは元のオーディオデータを保持し、優れた音質を保証します。ビデオファイルにPCMオーディオが含まれていて、この高品質のオーディオを保持するBlu-rayオーサリングソフトウェアを見つけるのに苦労している場合は、この記事が役に立ちます。手付かずのPCMオーディオを保持しながらビデオをBlu-rayに書き込む2つの方法を説明します。

「コンサートで録音した高品質のPCMオーディオをBlu-rayディスクにして、ホームシアターで楽しみたいと思っています。しかし、PCMオーディオをサポートするBlu-rayオーサリングソフトウェアを見つけるのに苦労しています。」

 

ディテールやダイナミックレンジを損なうことなく究極のオーディオ体験を得るには、PCMが間違いなく最良の選択です。これを実現するには、Blu-rayプレーヤーの音響機器を利用したBlu-rayディスクを作成する必要があります。Blu-rayディスクは、通常5.1または7.1サラウンドサウンド構成で使用されるマルチチャンネルPCMオーディオをサポートし、没入型のオーディオ体験を提供します。

 

Blu-ray PCMオーディオを保持できる2つのBlu-rayオーサリングソフトウェアを紹介しましょう。

 

 

パート1: 簡単な方法:Yuhan Blu-ray 作成を使用する

Yuhan Blu-ray 作成は、PCMオーディオトラックを保持できる数少ないBlu-rayオーサリングソフトウェアの1つです。WindowsとMacの両方で利用可能で、パススルーモードを使用して簡単にPCMオーディオを保持することができます。ただし、このモードを使用するには、ビデオがH264でエンコードされ、解像度が1080Pであるなど、Blu-rayの仕様を満たしている必要があります。ビデオがこれらの仕様を満たしていない場合は、再エンコードしてから「オーディオコピー」を選択して、Blu-rayにPCMオーディオを保持することができます。さらに、Yuhan Blu-ray 作成には以下の利点があります。

 

ディスクにメニューがないと不完全に感じる場合、Blu-rayディスクメニューの作成が不可欠です。Yuhan Blu-ray 作成は、このニーズを完全に満たすためのパーソナライゼーションオプションを提供します。24の組み込みメニューテンプレートがあり、ファイル(アイコン)、ファイル(テキスト)、チャプター(アイコン)、チャプター(テキスト)の4つのシーン表示モードをサポートしています。さらに、Yuhan Blu-ray 作成を使用すると、画像またはビデオを使用してメニューの背景を設定することができます。

 

Yuhan Blu-ray 作成は、最新のBlu-rayディスクで不可欠なチャプター機能を備えており、ユーザーは簡単に見たいコンテンツを迅速に見つけることができます。このソフトウェアは、MKVまたはMP4ファイルからチャプターを自動的にインポートし、手動でチャプターを作成する時間と労力を節約します。また、ユーザーはミリ秒単位でチャプターを設定することも可能です。

 

さらに、Yuhan Blu-ray 作成はBlu-rayフォルダー、ISOファイル、およびディスクへの直接書き込みの3つの出力形式をサポートしています。Blu-rayフォルダーオプションは内部ファイルを表示するのに便利であり、ISO形式を使用するとインターネット経由での共有とアップロードが容易になります。これにより、他の人がISOをダウンロードして簡単にディスクに書き込むことができます。

 

Yuhan Blu-ray 作成の主な機能:

  • MP4 / MKVチャプターを自動的にインポートします
  • Blu-ray PCMオーディオの保存をサポート
  • 色あせなしでBlu-rayに作成されたHDRビデオ
  • 複数のオーディオトラックと複数の字幕をサポート
  • Blu-rayフォルダ、ISOとして保存、またはディスクへの書き込み
  • 提供 20 多个菜单模板和几乎完全可定制的菜单
  • WindowsとMacで利用可能

 

 

紹介する前に、Yuhan Blu-ray 作成をダウンロードしてインストールする必要があります。お使いのパソコンがWindowsの場合は下の赤いボタンをクリックしてWindows版をダウンロードし、お使いのパソコンがMacの場合は下の青いボタンをクリックしてMac版をダウンロードしてください。

 

           

 

ステップ1: MKV/MP4ファイルを追加する

MKVまたはMP4ファイルをYuhan Blu-ray 作成に追加するには、[ビデオの追加]ボタンをクリックするか、ファイルをソフトウェアのメインインターフェイスに直接ドラッグします。ファイルを追加したら、必ずオーディオトラックのチェックボックスで「PCMオーディオ」を選択してください。Yuhan Blu-ray 作成は複数のオーディオトラックと字幕を完全にサポートしているため、他のオーディオトラックと字幕を選択することもできます。さらに、ディスク容量(BD25またはBD50)とフレームレートを選択できます。Yuhan Blu-ray 作成は、通常23.976fpsしかサポートしない他のBlu-rayオーサリングソフトウェアとは異なり、23.976fps、24fps、25fps、29.97fps、50fps、59.94fpsなど、幅広いBlu-rayフレームレートをサポートしています。

 

 

ステップ2: ビデオのセットアップ

ビデオの調整が不要な場合は、この手順をスキップすることができます。しかし、ビデオをトリミングしたり、音量を設定したり、その他の変更を加えたりする場合は、ビデオ設定ダイアログを開いてください。このダイアログでは、チャプターの設定など、さまざまな簡単な設定を行うことができます。この機能は、一部のユーザーにとって重要です。Yuhan Blu-ray 作成は、MKV / MP4ファイルからチャプターを自動的にインポートし、ミリ秒単位でチャプターをカスタマイズするオプションも提供しています。

 

 

ステップ3: 詳細設定

Yuhan Blu-ray 作成は、Blu-rayのPCMオーディオをパススルーモードで処理できるようにしていますが、ビデオがH264などのBlu-rayの仕様を満たしており、解像度が1080Pまたは720Pである必要があります。もしビデオがBlu-rayの仕様を満たしていない場合は、トランスコードモードを選択し、「オーディオコピー」をチェックすることで、元のビデオのPCMトラックをBlu-rayにコピーすることができます。また、このページではビデオエンコーダーやデコーダー、ビットレートなどの他の設定も調整できます。

 

 

ステップ4: メニューテンプレートを選択してカスタマイズする

Yuhan Blu-ray 作成は、24種類のメニューテンプレートと豊富なカスタマイズオプションを提供しています。結婚式やお祭りなどのテーマを選択し、好みの背景画像や音楽を設定して個別にカスタマイズすることができます。特に、各メニューページに異なる背景を設定できます。さらに、Yuhan Blu-ray 作成は「ファーストプレイ」機能をサポートしており、メニューが表示される前にディスクの簡単な紹介を再生できます。

 

 

ステップ5: 出力設定

Yuhan Blu-ray 作成は、Blu-rayフォルダー、ISOファイル、そして直接ディスクに書き込むという3つの出力オプションを提供します。これらのオプションから任意の方法を選択し、Yuhan Blu-ray 作成からのBlu-ray出力は高い互換性を誇り、VLCメディアプレーヤー、Kodi、PowerDVDなど、ほぼすべてのBlu-rayプレーヤーやコンピューターソフトウェアでシームレスに再生できます。

 

 

ステップ6: オーサリングを開始する

すべての設定が完了したら、ダイアログボックスの「開始」ボタンをクリックして、Yuhan Blu-ray 作成でプロセスを開始します。パススルーモードでは、完了には10分ほどかかる場合があります。ただし、トランスコードモードを選択した場合は、処理に1時間から2時間かかることがあります。

 

 

パート2: 別の方法:TsMuxer(無料)を使用する

TsMuxerは、WindowsとMacの両方で利用可能な多目的で無料のBlu-rayオーサリングソフトウェアです。そのコンパクトなサイズと高速な処理速度で知られており、幅広いBlu-ray作成ニーズに対応しています。このソフトウェアの主な利点の1つは、パススルーモードで動作する際に、Blu-ray PCMオーディオを保持し、ビデオとオーディオを再エンコードせずに元の品質を維持できることです。

 

また、TsMuxerは詳細なカスタマイズをサポートしており、ユーザーはチャプターの設定やビデオのトリミング、デフォルトのオーディオトラックや字幕の指定が可能です。複数のオーディオトラックや字幕に対応しており、多言語オプションや追加の解説トラックが必要なプロジェクトにも適しています。特に、SRT字幕の場合はフォント、色、位置などのカスタマイズオプションが豊富で、視聴体験を向上させることができます。これらの機能は、使いやすいインターフェイスと組み合わさって、TsMuxerは初心者から経験豊富なユーザーまで、プロフェッショナルなBlu-rayディスク作成に不可欠なツールとなっています。

 

 

TsMuxerの操作は非常に簡単です。まず、ビデオファイルをTsMuxerのメインインターフェイスにドラッグします。次に、[トラック]オプションに移動して、必要なオーディオトラックと字幕を選択します。その後、[出力]オプションで[Blu-ray ISO]ボックスをチェックします。ディスクのラベルとファイル名を設定し、すべての設定が完了したら、[マルチプレクシングの開始]ボタンをクリックします。TsMuxerが処理を開始し、プログレスバーが100%に達するのを待ちます。その後、ISOファイルが生成されます。

 

パート3: 結論

 

上記の紹介から、Blu-rayオーサリングでBlu-ray PCMオーディオを保持することは難しくないことが明らかです。ほとんどのBlu-rayオーサリングソフトウェアはこの機能をサポートしていませんが、Yuhan Blu-ray 作成とTsMuxerの両方がサポートしています。Yuhan Blu-ray 作成は、Blu-ray PCMオーディオをサポートするだけでなく、ディスクメニューの作成も可能にし、ディスクの管理を容易にします。一方、メニューをサポートしていないTsMuxerは無料です。したがって、ディスクメニューが必要ない場合は、TsMuxerが最適です。

 

Yuhan Blu-ray 作成の製品詳細については、こちらをご覧ください: https://jp.yuhanmedia.com/bd-creator

 

まだお試しになっていない方は、下のボタンをクリックして無料体験版をダウンロードしてください。