iPhoneの写真をBlu-rayに書き込むための3つの最高のBlu-rayオーサリングソフトウェア

概要:

    人々のグラフィックパフォーマンスとiPhone写真の鮮明さに対するニーズが高まる中、iPhoneの写真をBlu-rayディスクに書き込み、信じられないほどクリアな効果を実現するBlu-rayオーサリングソフトウェアが登場しました。利用可能な3つの最高のBlu-rayオーサリングソフトウェアを比較した結果、Yuhan Blu-ray 作成が包括的な機能と最高のBlu-ray書き込みサービスを提供する最良の選択肢であることがわかりました。この記事では、Yuhan Blu-ray 作成の利点と詳細な使用手順についても説明します。

iPhoneの写真をBlu-rayディスクに書き込むために適したオーサリングソフトウェアを探しているのですね。Blu-rayオーサリングソフトウェアは、特にiPhoneの高解像度写真を維持するのに良い選択です。従来のDVDオーサリングソフトウェアでは解像度が制限されるため、写真の最良の状態を引き出すことが難しい場合がありますが、Blu-rayオーサリングソフトウェアを使用することでより鮮明な画質を実現できます。こうしたソフトウェアを使うことで、iPhoneの高解像度写真を可能な限り最高の品質で保持できます。

 

 

 

パート1: 写真のための3つの最高のBlu-rayオーサリングソフトウェア

以下は、優れた書き込み品質で知られるトップクラスの3つのBlu-rayオーサリングソフトウェアプログラムを紹介します。これらのツールは、iPhoneの写真を効率的にBlu-rayに書き込むことができ、その機能と利点について貴重な洞察を提供します。

 

No. 1:  iPhoneの写真からBlu-rayバーナーへ-Yuhan Blu-ray 作成

 

最初に紹介するソフトウェアはYuhan Blu-ray 作成です。このソフトウェアは、ユーザーの使いやすさとBlu-ray書き込みのための複数の新しいテクノロジーを具現化しています。MacやWindowsなどのデジタルデバイスと互換性があり、メニュー設定やBGM編集、ビデオ編集などのパーソナライズされたサービスもサポートしています。また、複数の解像度と写真サイズのサポート、そして高解像度のBlu-ray書き込み効果により、ユーザーに優れたエクスペリエンスを提供します。

 

Yuhan Blu-ray 作成の主な機能:

  • JPG、BMP、PNG、TIFF、GIF、WEBPなどのほぼすべての画像形式をサポートします。
  • iPhoneHEIC形式の写真をBlu-rayに直接書き込みます。
  • 10以上の写真フィルタリング効果を提供します。
  • Blu-rayのフレームレートを最大59.94までサポートします。
  • GPUアクセラレーションエンコーディングをサポートします。
  • 20 +メニューテンプレートと多くのカスタマイズオプションを提供します。
  • WindowsとMacで利用できます。

短所:

  • インスタントプレビューには対応していません。

 

注意: Yuhan Blu-ray 作成は無料ではありません。ただし、ユーザーはコストをかけずにすべての機能を試し、最初の5分間のコンテンツをBlu-rayディスクに書き込むことができます。

 

 

No. 2:  iPhoneの写真からBlu-rayバーナーへ - Wondershare DVD 作成

 

Wondershare DVD 作成は、写真、ビデオ、音楽、画像ファイルをBlu-rayディスクに書き込むことができる強力なBlu-rayオーサリングソフトウェアです。使いやすいインターフェースを備えており、複数のWindowsシステムをサポートしています。さらに、柔軟なメニュー設定システムがあり、ユーザーに満足のいくパーソナライズされたサービスを提供します。

 

Wondershare DVD 作成は、iPhoneの写真をBlu-rayディスクに書き込むことをサポートしており、100以上のメニューテンプレートと強力なメニュー編集機能を提供します。しかし、いくつかの欠点もあります。まず第一に、iPhoneのHEIC画像形式をサポートしていないため、写真をJPGなどの互換性のある形式に変換する必要があります。第二に、Wondershare DVD 作成のMacバージョンはBlu-rayのオーサリングをサポートしていません。最後に、プロジェクトをISOファイルとして保存する機能がないため、作品の共有が制限されることがあります。

 

Wondershare DVD 作成の主な機能:

  • 50以上のメニューテンプレートを提供します。
  • インスタントプレビューをサポートします。
  • 10以上の写真フィルタリング効果を提供します。
  • バックグラウンドミュージックの追加をサポートします。
  • 複数の柔軟なメニュー設定をサポートします。

短所:

  • Blu-ray ISOを出力できません。
  • Mac版はBlu-rayの書き込みをサポートしていません。
  • iPhoneHEIC形式をサポートしていません。

 

 

No. 3:  iPhoneの写真からBlu-rayバーナーへ - Leawo Blu-ray 作成

 

Leawo Blu-ray作成は、写真をBlu-rayに書き込むだけでなく、ISOファイルやフォルダにも出力できる強力で便利なBlu-rayオーサリングソフトです。多くの利点があります。まず第一に、10以上の画像トランジション効果を提供し、バックグラウンドミュージックの追加をサポートします。第二に、堅牢なメニュー編集機能があり、パーソナライズされたディスクメニューを容易に作成できます。最後に、GPUアクセラレーションエンコードをサポートしており、Blu-ray作成プロセスを大幅に高速化します。

 

ただし、Leawo Blu-ray 作成はiPHone HEIC画像をサポートしていないため、iPhoneの写真をJPGまたはその他の形式に変換する必要があります。

 

Leawo Blu-ray 作成の主な機能:

  • 30以上のメニューテンプレートを提供します。
  • インスタントプレビューをサポートします。
  • 10以上の写真フィルタリング効果を提供します。
  • バックグラウンドミュージックの追加をサポートします。
  • ディスクメニューとパーソナライズされたメニューをサポートします。
  • GPUアクセラレーションエンコーディングをサポートします。
  • 出力フォルダ、ISO、またはディスクをサポートします。
  • WindowsとMacで利用できます。

短所:

  • iPhone HEIC形式をサポートしていません。

 

 

パート2: これら3つの最高のBlu-rayオーサリングソフトウェアの比較

どのソフトウェアを選べばよいか、まだ悩んでいますか?ここでは、これら3つのソフトウェアを比較し、合理的な決定を下すのに役立つ情報を提供します。

 

機能

Yuhan Blu-ray 作成

Wondersare DVD 作成

Leawo Blu-ray 作成

HEICフォーマット

×

×

ファーストプレイ

×

×

インスタントプレビュー

×

Windowsで利用可能

Macで利用可能

×

出力 ISO ファイル

×

バックグラウンドミュージックを追加する

メニューテンプレートの提供

20+

30+

40+

写真フィルタリング効果を提供する

10+

10+

10+

フレームレート

59.94fps

25fps

23.976fps

 

上記の表からわかるように、これら3つのBlu-rayオーサリングソフトウェアには独自の長所と短所があり、必要に応じて適切なソフトウェアを選択できます。

 

パート3: Yuhan Blu-ray 作成でiPhoneの写真をBlu-rayに書き込む方法

紹介する前に、Yuhan Blu-ray 作成をダウンロードしてインストールする必要があります。お使いのパソコンがWindowsの場合は下の赤いボタンをクリックしてWindows版をダウンロードし、お使いのパソコンがMacの場合は下の青いボタンをクリックしてMac版をダウンロードしてください。

 

           

 

ステップ1: iPhoneの写真ファイルを追加する

ページの左側にある[画像の追加]ボタンをクリックするか、ファイルをページにドラッグアンドドロップして、追加したい写真ファイルを選択できます。メインインターフェースの下部で、ディスク容量(BD25、BD50、BD66、BD100)、解像度(1080P、720P)、およびBlu-rayフレームレートを選択できます。Yuhan Blu-ray 作成は、23.976fps、24fps、25fps、29.97fps、50fps、59.94fpsを含むすべてのBlu-rayフレームレートをサポートしており、さまざまなニーズに対応します。

 

 

ステップ2: ギャラリー設定

スライドショーエントリの横にある[編集]ボタンをクリックして、[ギャラリー設定]ダイアログボックスを開きます。ここでは、画像の追加、削除、並べ替えができます。さらに、Yuhan Blu-ray 作成は10種類以上の画像トランジション効果をサポートしており、画像のトランジション効果、滞留時間、およびトランジション期間をカスタマイズできます。また、バックグラウンドミュージックを設定したり、フェードインとフェードアウトの効果音を適用したり、音楽をトリミングしたりすることもできます。

 

 

ステップ3: メニューテンプレートを選択してカスタマイズする

「メニューを選択」をクリックして、メニューダイアログボックスを開きます。ここでは、お好みのメニューテンプレートを選択できます。Yuhan Blu-ray 作成は、サムネイルまたはテキストリストとして表示できる4種類のシーンメニューをサポートしています。サムネイルを選択した場合、各シーンページにはテンプレートに応じて3つから6つの項目が表示されます。テキストリストを選択すると、各シーンページには5〜10個の項目が表示されます。スライドショーは、複数のオーディオトラックや字幕をサポートしていないことに注意してください。また、削除キーを押すことで、メインメニューから「セットアップ」ボタンを削除することもできます。

 

 

ステップ4: 書き込み設定

このステップでは、出力方法(フォルダー、ISO、またはディスクへの書き込み)を選択できます。さらに、ディスクラベル、ビデオデコーダー、およびビデオエンコーダーを設定できます。Yuhan Blu-ray 作成はGPUアクセラレーションエンコーディングをサポートしているため、コンピューターに高性能GPUが搭載されている場合、制作速度を大幅に向上させることができます。フォルダーやISOファイルの保存パスを指定することもできます。

 

 

ステップ5: 作業開始

前のページの「スタート」ボタンをクリックすると、Yuhan Blu-ray 作成が動作を開始します。ディスクがポップアップするのを待つだけで、作業は完了です。

 

 

パート4: Wondershare DVD 作成でiPhoneの写真をBlu-rayに書き込む方法

Wondershare DVD 作成がiPhoneの写真をBlu-rayに書き込む方法を説明する前に、まずソフトウェアをダウンロードする必要があります。公式Webサイト(https://dvdcreator.wondershare.com/)からダウンロードできますが、MacバージョンはBlu-rayの作成をサポートしていないことに注意してください。

 

ステップ1: iPhoneの写真ファイルを追加する

Wondershare DVD 作成を起動した後、「Blu-rayディスクの作成」ボタンをクリックしてメインインターフェースにアクセスします。次に、インターフェースの中央にある大きな「+」記号をクリックして、iPhoneの写真を追加します。iPhoneからHEIC画像をインポートする場合は、最初にJPGに変換する必要があることに注意してください。写真が追加されたら、ソフトウェアの下部でディスク容量を選択できます。Wondershare DVD Creatorは、BD25、BD50、およびBD100をサポートしています。さらに、「ディスクに合わせる」、「標準」、「高品質」などのオプションを使用して、出力ビデオの品質を選択できます。

 

 

ステップ2: メニューを選択してカスタマイズする

左上隅の[メニュー]タブをクリックしてメニューページに入ると、Wondershare DVD 作成は豊富で美しいメニューテンプレートを提供します。好きなメニューテンプレートを選択した後、メニューのテキストの変更、バックグラウンドミュージックや背景画像の追加など、カスタマイズが可能です。

 

 

ステップ3: ディスクをプレビューする

Wondershare DVD 作成は、ディスクのインスタントプレビュー機能を提供しています。この機能を使えば、表示されるメニューとビデオがディスクの内容を確認できます。満足できない場合は、いつでもメニューページに戻って変更することができます。

 

 

ステップ4: ディスクに書き込みます

Wondershare DVD 作成は、ディスクへの書き込みとBDMVフォルダとしての保存をサポートしていますが、残念ながらISOはサポートしていません。このページでは、フレームレート、書き込み速度、およびビデオ解像度を設定することもできます。

 

 

パート5: Leawo Blu-ray 作成でiPhoneの写真をBlu-rayに書き込む方法

始める前に、Leawo Blu-ray 作成をダウンロードしてインストールする必要があります。https://www.leawo.org/ にアクセスしてダウンロードできます。

 

ステップ1: iPhoneの写真ファイルを追加する

Leawo Prof. Mediaは、包括的なマルチメディアスイートです。まず、アプリを開き、上部の[書き込み]タブをクリックします。「書き込み」ページの下部で、ディスクサイズ、解像度、およびその他の設定を選択できます。これらの設定を構成したら、[写真の追加]をクリックしてiPhoneから写真をインポートします。画像エントリの横にある編集ボタンをクリックして、トランジション効果やバックグラウンドミュージックでスライドショーをカスタマイズすることもできます。

 

 

ステップ2: メニューテンプレートの選択

「書き込み」ページの右側にあるメニューバーで、必要なメニューテンプレートを選択でき、Leawo Blu-ray作成には多くのメニューテンプレートが用意されています。メニューテンプレートの真ん中にあるアイコンをクリックすると、メニュープレビューに入ることができ、マウスで操作できます。

 

 

ステップ3: メニューのカスタマイズ(オプション)

プレビュー後にメニューに満足できない場合は、Leawo Blu-ray作成でカスタマイズすることができます。赤いボタンをクリックすると、メニュー編集ページに入ることができます。ここでは、テキスト項目の変更、メニュー項目の位置変更、BGMの追加、背景画像の置換などが可能です。

 

 

ステップ4: Blu-rayの作成を開始

書き込む前に、Leawo Blu-ray作成で出力方法を選択する必要があります。このソフトウェアには、フォルダ、ISO、ディスクへの書き込みの3つのオプションがあります。ディスクに書き込む場合は、空のディスクを用意してください。ディスクのラベルと出力パスを設定することもできます。Blu-rayフォルダーとISOファイルは最大50GBのスペースを必要とする可能性があるため、ディスク容量の要件に注意してください。

すべての設定が完了したら、「燃やす」ボタンをクリックします。その後、Leawo Blu-ray作成は書き込みプロセスを開始します。

 

 

パート6: 結論

この記事では、iPhoneの写真をBlu-rayディスクに書き込むことができる3つのBlu-rayオーサリングソフトウェアについて説明します:Yuhan Blu-ray 作成、Wondershare DVD 作成、Leawo Blu-ray 作成。iPhoneの写真をBlu-rayディスクに書き込んで、大画面テレビで家族と一緒に子供の成長の旅を楽しんだり、美しい日の出や日没、その他の自然の驚異を友達と共有したりしてみませんか?興味がある方は、今すぐ無料体験版をダウンロードしてください!