4K MKVを複数のオーディオトラックと複数の字幕でUHD ISOに書き込む方法

概要:

    複数のオーディオトラックと字幕を備えた4K UHD Blu-ray ISOを作成することで、市販のディスクに匹敵するリッチなマルチメディア体験を楽しむことができます。このセットアップは、世界中のユーザーに対応するために、さまざまな言語をサポートしています。本記事では、複数のオーディオトラックと字幕を含む4K UHD Blu-ray ISOを作成できる2つの4K UHDオーサリングソフトウェアオプションを紹介します。これらのソフトウェアを使用することで、市販のディスクに似た品質と多機能性を実現できます。

インターネットからダウンロードした4K MKVムービーには、通常、複数のオーディオトラックと字幕が含まれており、多くの場合、4K Blu-rayディスクから抽出されています。これらの4K MKVファイルは、HDR10やドルビービジョンなどの最新技術や、DTS HD Master、TrueHD(ドルビーアトモス)、ブルーレイPCMといった高品質なオーディオフォーマットに対応しています。複数のオーディオトラックと字幕を含むことで、さまざまな国や言語の背景を持つ視聴者がシームレスにコンテンツを楽しむことができます。

4K MKVをUHD Blu-rayに変換したいですか?大画面テレビで映画を楽しみたいですか?複数のオーディオトラックと字幕を備えた4K Blu-ray ISOを作成したいですか?プロ仕様の4K UHDオーサリングソフトウェアはこれらのニーズを満たすことができますが、非常に高額で、数千ドルから数万ドルの費用がかかることがあります。一方で、安価な4K UHDオーサリングソフトウェアは、通常、メニュー、複数のオーディオトラック、字幕のサポートなどに制限があります。

 

心配いりません。解決策があります。今日は、ほぼすべての4K UHD作成ニーズを満たす、手頃な価格で強力な4K UHDオーサリングソフトウェア「Yuhan 4K UHD 作成」をお勧めします。さらに、複数のオーディオトラックと字幕をサポートし、Blu-rayフォルダーとISOに出力できる無料の4K UHDオーサリングソフトウェア「TsMuxer」も紹介します。TsMuxerはディスクメニューをサポートしていませんが、コストがかからないという利点があるため、優れたオプションです。どう思いますか?

 

 

パート1: 簡単な方法: Yuhan 4K UHD 作成で4K MKVをUHD ISOに書き込む

4K MKVファイルの複数のオーディオトラックと字幕を含む内容を4K Blu-ray ISOに変換する際には、Yuhan 4K UHD 作成を強くお勧めします。このソフトウェアは、マルチオーディオトラックと複数の字幕を包括的にサポートしています。ビデオを読み込んだ後、追加したいオーディオトラックと字幕を簡単に選択できます。さらに、SRT、SUP、SMI、ASSなどの外部字幕形式の追加をサポートし、オーディオトラックと字幕の言語設定も可能です。これらのオプションは、ディスクメニューからも選択できます。

 

また、Yuhan 4K UHD 作成はHDR10とドルビービジョンに完全対応しています。一部の4K UHDオーサリングソフトウェアはHDR10をサポートしていますが、4K MKVでのドルビービジョン(プロファイル8)の保存をサポートしているものはほとんどありません。Yuhan 4K UHD 作成には、20以上のディスクメニューテンプレートと完全にカスタマイズ可能なメニューが用意されており、特別な機能「ファーストプレイ」などがあり、メインメニューに入る前にイントロダクションを再生することで、ユーザーエクスペリエンスが向上します。

 

Yuhan 4K UHD 作成は、MKVファイルからプロ品質の4K Blu-ray ISOを作成するための多用途でユーザーフレンドリーなソリューションを提供します。高度なオーディオおよびビデオフォーマットを幅広くサポートし、カスタマイズ可能なメニューオプションも備えています。

 

Yuhan 4K UHD 作成の主な機能:

  • マルチオーディオトラックとマルチ字幕をサポートし、ディスクメニューでオーディオトラックと字幕を選択できます。
  • Blu-rayフォルダの出力、ISOの作成、およびディスクへの書き込みをサポートします。
  • HDR10とドルビービジョンをMKVで保持します。
  • MKVファイルから直接チャプター情報をインポートします。
  • Blu-ray PCM、DTS HD Master、TrueHD(ドルビーアトモス)の高品質オーディオをMKVファイルに保持します。
  • 20 +メニューテンプレートを提供し、完全にカスタマイズ可能なメニューをサポートします。
  • 2 つの処理モード: パススルーとトランスコーディング。
  • WindowsとMacの両方で利用可能

 

紹介する前に、Yuhan 4K UHD 作成をダウンロードしてインストールする必要があります。お使いのパソコンがWindowsの場合は下の赤いボタンをクリックしてWindows版をダウンロードし、お使いのパソコンがMacの場合は下の青いボタンをクリックしてMac版をダウンロードしてください。

 

           

 

ステップ1: MKVファイルを追加し、必要なオーディオトラックと字幕を選択します。

まず、アプリを開き、上部の「4K UHD」タブに移動して、4K UHD 作成を選択します。次に、「ビデオの追加」をクリックするか、MKVファイルをメインインターフェイスにドラッグアンドドロップします。ビデオが追加されると、HDR10またはドルビービジョンエフェクトが含まれている場合、Yuhan 4K UHD 作成はビデオエントリにその旨を示します。下の画像に示すように、オーディオトラックと字幕を選択することもできます。外部字幕を追加したい場合は、字幕のコンボボックスの下にある「外部を追加」ボタンをクリックしてください。srt、smi、ass、supなどの形式で字幕を追加できます。

 

 

ステップ2: 動画を設定する(省略可)

ビデオエントリの設定ボタンをクリックすると、ビデオ設定ダイアログボックスが開きます。Yuhan 4K UHD 作成を使用すれば、ビデオのトリミング、音量調整、その他多くの機能を利用できます。さらに、MKVファイルからのチャプター情報の自動インポートをサポートしており、手動入力の手間が省けます。チャプターをカスタマイズしたい場合には、ミリ秒単位でチャプターのタイミングを設定するオプションも利用可能です。

 

 

ステップ3: 詳細設定(オプション)

ソフトウェア設定を開き、設定ダイアログボックスにアクセスします。4K UHDオーサリングのために、Yuhan 4K UHD 作成は堅牢な処理機能を提供します。まず、「Blu-ray & UHD処理モード」オプションで、パススルーモードまたはトランスコードモードのいずれかを選択できます。パススルーモードは、4K Blu-rayディスクから抽出されたMKVファイルに最適ですが、トランスコードモードは圧縮が必要なMKVファイルに適しています。さらに、GPUアクセラレーションをサポートするビデオデコーダーとエンコーダーを構成することで、Yuhan 4K UHD 作成は最大10倍のトランスコーディング速度を実現します。最後に、独自の「オーディオコピー」機能により、TrueHD(ドルビーアトモス)、Blu-ray PCM、DTS HD Masterなどのオーディオ形式を保持できます。

 

 

ステップ4: メニューテンプレートを選択してカスタマイズする

4K UHDオーサリングには、メニューのない4K Blu-rayは不完全だと感じるため、包括的なディスクメニューが不可欠です。Yuhan 4K UHD 作成は、プロ級のメニューをデザインできる堅牢なメニュー機能を提供することで、この分野で優れています。24種類のテンプレートが用意されており、それぞれが結婚式、クリスマス、愛など、さまざまなテーマに適した独自のスタイルを持っています。各テンプレートには、多くのカスタマイズオプションが付属しています。さらに、各メニューページを個別のバックグラウンドミュージック、画像、さらにはビデオで強化して、メニューをよりダイナミックで魅力的なものにすることができます。Yuhan 4K UHD 作成は、ファイル(アイコン)、ファイル(テキスト)、チャプター(アイコン)、チャプター(テキスト)の4つの異なるメニュー表示モードもサポートしています。

 

 

ステップ5: 書き込み設定

Blu-ray ISOファイルには、便利な共有や優れた互換性など、多くの利点があります。Yuhan 4K UHD 作成でBlu-ray ISOを出力するには、ISOオプションを選択するだけです。Yuhan 4K UHD 作成によって作成されたISOファイルは、VLC Media Player、Kodi、PowerDVDなど、すべてのBlu-rayプレーヤーと互換性があります。

 

 

ステップ6: 作り始める

すべての設定が完了したら、ダイアログボックスの[開始]ボタンをクリックします。Yuhan 4K UHD 作成がオーサリングプロセスを開始します。4Kオーサリングには、コンピューターのパフォーマンスによって、数分から数時間かかることに注意することが重要です。プロセスが進行している間は、追加の介入が必要ないため、他のタスクを続行できます。

 

 

パート2: 別の方法: TsMuxerで4K MKVをUHD ISOに書き込む(無料)

TsMuxerは、小型で使いやすく、強力なUHDオーサリングソフトウェアです。外部字幕を含む複数のオーディオトラックと字幕をサポートしています。パススルーモードで動作するTsMuxerは、オーディオとビデオのエンコードをサポートしていないため、UHD Blu-rayから抽出されたMKVファイルに最適です。ビデオストリーム、オーディオストリーム、および字幕ストリームは、Blu-rayの仕様を満たす必要があります。

さらに、TsMuxerを使用すると、チャプターを挿入したり、ビデオをカットしたり、テキスト字幕を追加したりできます。Blu-rayフォルダーおよびISOファイルへの出力をサポートしています。ディスクメニューはサポートしていませんが、無料で利用できるため、メニュー機能を必要としないユーザーに最適です。

 

TsMuxerの主な機能:

  • マルチオーディオトラック、マルチ字幕、および外部字幕をサポートします。
  • パススルーモードでの作業は高速で、品質を損なうことはありません。
  • Blu-rayフォルダとISOを出力します。
  • カスタムチャプターをサポートします。
  • ビデオのカットをサポートします。
  • WindowsとMacの両方で利用できます。

 

 

TsMuxerを使用して、複数のオーディオトラックと字幕を備えた4K MKVから4K Blu-ray ISOを作成する方法を見てみましょう。

 

ステップ1: MKVファイルを追加する

TsMuxerを開き、右上隅にある[追加]ボタンをクリックしてファイルを追加します。TsMuxerはパススルーモードで動作するため、ビデオとオーディオをエンコードできないことに注意してください。したがって、追加するファイルはUHD規格に準拠している必要があります。具体的には、ビデオはHEVC 4K形式である必要があります。例えば、3840x1600などの一部のビデオ解像度はUHD規格を満たしていないことに注意してください。ファイルを追加したら、[トラック]セクションで目的のオーディオトラックと字幕を選択できます。

 

 

ステップ2: Blu-ray設定

Blu-rayタブをクリックして、さまざまなBlu-ray設定にアクセスします。ここでは、一定の間隔(たとえば、固定された分数ごと)でチャプターを設定するか、ミリ秒単位でカスタマイズしてチャプターを設定できます。さらに、デフォルトのオーディオトラックと字幕を設定したり、必要に応じて強制字幕を有効にしたりすることもできます。

 

 

ステップ3: 分割 & カット

「分割と切り取り」タブをクリックして、ビデオをカットするか、生成されたBlu-ray M2TSファイルを分割します。分割方法には、時間による分割とファイルサイズによる分割の2つがあります。

 

 

ステップ4: 作成を開始する

すべての設定が完了したら、出力バーの「Blu-ray ISO」オプションをオンにします。ディスクラベルとISOファイル名を設定します。これらの設定を構成したら、下の[多重化の開始]ボタンをクリックしてください。TsMuxerは処理を開始し、パススルーモードで動作するため、非常に高速に実行され、多くの場合、10分以内に終了します。

 

 

パート3: 結論

複数のオーディオトラックと字幕を保持しながら4K MKVファイルをUHD Blu-ray ISOに書き込むために、先述の2つのUHDオーサリングソフトウェアオプションを紹介しました。Yuhan 4K UHD 作成は、包括的な機能、使いやすさ、そしてディスクメニューのサポートを提供します。一方、TsMuxerは機能が少なく、ディスクメニューをサポートしていませんが、無料で利用できます。お客様のニーズに最も適したソフトウェアを選択してください。