ビデオ/写真/音楽を4K Blu-ray、Blu-ray、またはDVDに書き込む方法

プロの4K Blu-rayバーナー、Blu-rayバーナー、DVDバーナーのコンボとして、Yuhan Blu-ray DVD 作成を使用すると、ビデオ/写真/音楽をDVD / Blu-ray / 4K Blu-rayディスク、フォルダー、および/またはISOイメージファイルに簡単に変換して書き込むことができます。

 

Yuhan Blu-ray DVD 作成でBlu-ray、DVD、または4K Blu-rayの書き込みを開始する前に、以下のものを十分に準備してください。

  • ソースビデオファイル、写真、音楽ファイルを書き込む準備ができています。便宜上、すべてのソースビデオ/写真/音楽を1つのフォルダーに入れることができます。
  • ビデオをDVD、Blu-ray、または4K Blu-rayディスクに書き込む場合は、空の書き込み可能なディスクとディスクドライブ。あらかじめパソコンに接続されているディスクドライブにディスクを挿入してください。
  • 4K Blu-ray / Blu-ray / DVDオーサリングを保存して処理するのに十分なストレージ容量がコンピューターにあることを確認してください。

Yuhan Blu-ray DVD 作成を起動し、以下の手順に従って、さまざまな形式のビデオファイルから4K Blu-ray、Blu-ray、またはDVDコンテンツを書き込む方法を学習します。

 

ステップ1:モジュールの選択

 

 

Yuhan Blu-ray DVD 作成を起動すると、DVD、Blu-ray、4K Blu-rayの3つのタブがすべて表示され、それぞれDVD 作成、Blu-ray 作成、UHD 作成(4K Blu-ray 作成)を表します。まず、使用するモジュールを決定する必要があります。DVDを作成するには、[DVD]タブを開きます。Blu-rayを書き込むには、[Blu-ray]タブを開きます。そして、をクリックします 4K UHD タブをクリックして、4K Blu-ray を書き込みます。

 

モジュールを決定したら、必要に応じて右下の出力ディスクタイプを選択します。ビデオや写真をディスクに書き込む場合は、コンピュータに接続されているディスクドライブに空の書き込み可能なディスクが挿入されていることを確認してください。

  • DVDを作成する場合は、フォーマットをPALまたはNTSCに設定し、ディスク容量をDVD5(4.7G)またはDVD9(8.5G)に設定し、アスペクト比を16:9と4:3から設定できます。
  • Blu-rayを書き込む場合は、Blu-ray解像度を1080P(1920×1080)と720P(1280×720)から選択し、BD25、BD50、BD66、BD100から1つのディスク容量を設定し、フレームレートを23.976fps、24fps、25fps、29.97fps、50fps、59.94fpsから決定できます。
  • 4K UHDを書き込む場合、解像度は4K(3840×2160)に設定されます。ただし、ディスク容量はBD25、BD50、BD66、BD100から、フレームレートは23.976fps、24fps、25fps、29.97fps、50fps、59.94fpsから設定できます。

ディスクの種類や実際のニーズに応じて決定してください。

 

 

ステップ2:ソースビデオ/写真/音楽を追加する

 

 

Yuhan Blu-ray DVD 作成は、ソースビデオ、写真、音楽ファイルを追加するための2つの方法を提供します

  • 「ビデオの追加」、「画像の追加」、または「音楽の追加」ボタンをクリックして、ソースビデオ、写真、または音楽ファイルをそれぞれ参照してロードします。
  • または、ソースビデオ、写真、または音楽ファイルをコンピューターからYuhan Blu-ray DVD 作成に直接ドラッグアンドドロップすることもできます。

ソースメディアファイルを読み込んだ後、ソースメディア情報を表示したり、ソースメディアファイルから字幕とオーディオトラックを選択したり、Blu-ray / DVD / 4K Blu-rayを書き込むための外部字幕を追加したりすることもできます。ビデオファイルにマルチトラックとマルチ字幕が含まれている場合は、ここで必要なオーディオトラックと字幕を選択できます。Yuhan Blu-ray DVD 作成は、現在他のBlu-ray / DVD / 4K Blu-rayバーナーでは利用できないマルチトラックおよびマルチ字幕出力をサポートしています。

 

ステップ3:メディアファイルの編集(オプション)

Yuhan Blu-ray DVD 作成は、Blu-ray / DVD / 4K Blu-rayコンテンツに書き込む前に、ロードされたビデオ、生成された写真スライドショー、またはロードされた音楽を編集できる内部メディアエディタ機能を提供します。読み込まれた各ビデオ、生成された写真のスライドショー、または読み込まれた音楽パネルの右側にある編集ボタンをクリックすると、ビデオ設定、ギャラリー設定、または音楽設定パネルに入ることができます。

 

 

1. 読み込まれたビデオの編集

 

 

「ビデオ設定」パネルでは、次のことができます。

  • [開始時間]と[終了時間]を設定してビデオをトリミングし、ビデオクリップをBlu-ray / DVD / 4K Blu-rayに書き込むようにします。
  • 音量ズームを最大300%まで調整します。
  • 特定の分ごとにチャプターを挿入するか、好みの時点でチャプターを手動で挿入するか、チャプターを挿入しないことを選択します。
  • 「オーディオ」タブと「字幕」タブの言語オプションを設定して、オーディオと字幕を指定します。ここでオーディオトラックと字幕の言語を設定して、再生制御に便利です。

 

これらの設定をすべて完了したら、青い[確認]ボタンをクリックして変更を保存し、メインインターフェイスを終了します。

 

2. 生成された写真のスライドショーを編集する

 

 

「ギャラリー設定」パネルでは、次のことができます。

  • 右側のサイドバーで、外部の写真の追加、既存の写真の削除、写真の順序の並べ替えを行います。
  • 各写真の滞在時間、トランジション時間、トランジション効果を設定します。
  • ローカルの音楽ライブラリからバックグラウンドミュージックを追加し、フェードイン、フェードアウト、ループ再生、音量ズームなどの音楽効果を設定します。
  • バックグラウンドミュージックの開始時間と終了時間を設定します。
  • 生成された写真のスライドショーのチャプターを特定の分ごとに挿入するか、チャプターを追加しません。

これらの設定をすべて完了したら、青い[確認]ボタンをクリックして変更を保存し、メインインターフェイスを終了します。

 

3. 読み込まれた音楽を編集する

 

 

「音楽設定」パネルでは、次のことができます。

  • 設定して音楽をトリミングします 開始時間 及び 終了時間、あなたが望む音楽クリップだけをBlu-ray / DVD / 4K Blu-rayに書き込むように。
  • 音量ズームを最大300%まで調整します。
  • 音楽カバーを設定します。
  • 音楽カバーの表示モードをハーフスクリーン、フルスクリーン、またはなしに設定します。テレビに映し出されます。

これらの設定をすべて完了したら、青い[確認]ボタンをクリックして変更を保存し、メインインターフェイスを終了します。

 

ステップ4:ディスクメニューの設定

デフォルトでは、Yuhan Blu-ray DVD 作成は、ディスクメニューなしで4K Blu-ray、Blu-ray、またはDVDを書き込みます。しかし、Yuhan Blu-ray DVD 作成は、DVD、Blu-ray、または4K Blu-rayコンテンツに書き込むために選択できるかなりの数のディスクメニューテンプレートを提供し、必要に応じてディスクメニューを編集することもできます。Yuhan Blu-ray DVD 作成の[メニューの選択]ボタンをクリックすると、ディスクメニューの選択と編集パネルに入ることができます。

 

 

1. プリセットからディスクメニューを選択

 

 

右側のサイドバーには、20 +プリセットディスクメニューテンプレートが表示されます。自由に選択して、選択したディスクメニューテンプレートのインスタントプレビューを取得できます。トップメニュー、シーンメニュー、セットアップメニュー、オーディオメニュー、字幕メニューなど、ディスクメニューのさまざまなレイヤーをプレビューできます。

 

2. 「ディスクを編集」メニュー

Yuhan Blu-ray DVD 作成は複数のプリセットディスクメニューテンプレートを提供しますが、プリセットディスクメニューテンプレートを使用して独自の好みの要素でカスタマイズすることもできます。Yuhan Blu-ray DVD 作成は、内部ディスクメニューエディタを介してディスクメニューを完全に制御します。

2.1 ディスクメニューの基本設定

 

 

Yuhan Blu-ray DVD 作成を使用すると、次のようなディスクメニューの基本設定を行うことができます。

  • 最初のプレイ: コンピュータからビデオクリップを参照してアップロードし、ディスクメニューの最初のクリップとして設定します。
  • メニューをスキップ: オンにすると、プレーヤーで焼いた4K Blu-ray / Blu-ray / DVDコンテンツを再生するたびにメニューがスキップされます。
  • ハイライトの色: マウスまたはリモコンがオンになったときにボタンを強調表示する色を設定します。
  • シーンページ表示: ページメニューをファイル(テキスト)、ファイル(アイコン)、チャプター(テキスト)、チャプター(アイコン)のいずれかで表示する表示方法を選択します。
  • テキストページの項目数:テキストモードで表示したときのページメニューの項目数を決定します。
  • シーンページの最初のビデオを非表示にする:最初のビデオクリップはシーンページに表示されません。

 

2.2 背景画像を設定

 

 

「背景画像」では、ローカルドライブから画像またはビデオを背景として追加できます。「すべてのページに適用」オプションをオンにして、アップロードしたビデオまたは画像をすべてのメニューレイヤーの背景として適用することもできます。追加された背景画像のインスタントプレビューを取得できます。ビデオを背景として追加した場合、インスタントプレビューは使用できませんが、書き込まれた出力で有効になります。バックグラウンドビデオの長さが60秒に制限されていることを確認してください。

 

2.3 バックグラウンドミュージックを追加する

 

 

「バックグラウンドミュージック」タブでは、コンピューターのローカルドライブからお気に入りの曲をバックグラウンドミュージックとして参照してアップロードできます。フェードイン、フェードアウト、ループ再生、ボリュームズームなどのバックグラウンドミュージック効果を設定できます。また、「適用」ボタンをクリックすると有効になる開始時間と終了時間を設定することで、正確な背景の長さを設定できます。「すべてのページに適用」オプションをオンにすると、アップロードした曲をすべてのメニューページのバックグラウンドミュージックとして適用できます。

 

2.4 その他のディスクメニュー編集機能

さらに、ダブルクリックしてタイトルの内容、テキストのフォント、色、サイズ、場所などを変更したり、ドラッグアンドドロップでタイトルの位置を調整したり、メニューレイヤーを削除したりするなど、すべてのメニューレイヤーのタイトルを変更することもできます。

 

2.4.1 その他のディスクメニュー編集機能

 

 

さらに、ダブルクリックしてタイトルの内容、テキストのフォント、色、サイズ、場所などを変更したり、ドラッグアンドドロップでタイトルの位置を調整したり、メニューレイヤーを削除したりするなど、すべてのメニューレイヤーのタイトルを変更することもできます。

 

2.4.2 サムネイルのカスタマイズ

 

 

任意のメニューのサムネイルアイコンをダブルクリックすると、ダイアログボックスがポップアップします。独自の画像をアップロードしてサムネイルを置き換えたり、サイズと正確な位置を設定したりできます。

 

2.4.3 メニュー項目の削除

 

 

メニューレイヤーの項目をクリックすると、赤いボックスが表示されます。キーボードの Delete* キーを押すと、メニュー項目を削除できます。削除できるメニュー項目は、タイトル、サムネイル、「設定」ボタン、およびサブメニューのテキストメニューの一部です。

 

注記: 一部のMacコンピュータでは「Detete」キーが機能しない場合があります。このような場合は、「Backspace」キーまたは「Alt + Delete」の組み合わせを押すことができます。

 

メニューの任意のレイヤーを変更し、メニューレイヤーを直接選択してインスタントプレビューを取得できます。

 

「確認」ボタンをクリックしてすべての変更を保存し、ディスクメニューの選択とカスタマイズが完了したら、メインインターフェイスに戻ってください。

 

ステップ5:書き込み設定を完了する

 

すべてのディスクメニューとメディア編集設定が完了したら、書き込み設定を完了する必要があります。これらには、プログラムの一般設定と特定の書き込み設定が含まれます。

1. プログラム設定

 

Windows版

 

 

Mac版

 

 

右上隅にある逆三角形のアイコンをクリックし、[設定]オプションを選択してプログラムの設定ウィンドウに入り、より高速でスムーズな4K Blu-ray / Blu-ray / DVD書き込みのための一般的な書き込み設定を完了できます。

 

 

「設定」パネルでは、次のことができます。

  • Blu-ray と UHD の処理モードをトランスコードとパススルーのオプションから設定します。パススルーモードでは、他のBlu-rayから発信されたコンテンツを高速に復元して、高速で品質ロスレスの書き込みを行うことができますが、トランスコードは書き込み用にビデオを再コーディングします。
  • ビデオデコーダー、Blu-rayエンコーダー、UHDエンコーダー、UHD HDRとSDR、DVD、Blu-ray、UHDのビットレートをそれぞれ設定します。
  • オーディオの書き込みには、オーディオエンコーダーモードまたはオーディオコピーモードのいずれかを選択します。
  • テキスト字幕サイズのサイズを設定します。
  • ファイルからチャプター、オーディオ、字幕のタイトル情報を取得します。

これらの設定は、すべての書き込みタスクに適用できます。

 

2. 書き込み設定

 

 

 

他のすべての設定が完了したら、赤い「スタート」ボタンをクリックして、インスタント書き込み設定の設定を指定する「プリセット」ウィンドウを呼び出すことができます。これらの設定を完了する方法については、以下の説明を参照してください。

  • 名前を付けて保存:Blu-ray / DVD / 4K Blu-rayフォルダー、ISOファイル、および/またはディスクの書き込みを選択します。ディスクに書き込む場合は、コンピューターに接続されているディスク ドライブに書き込み可能なディスクを挿入する必要があります。
  • ディスクボリューム: 出力するディスクボリュームを指定します。
  • 書き込み用ドライブ:ディスクを書き込むときに、書き込み先のディスクドライブを選択します。すでにコンピューターに接続した後、ここに表示されない場合は、更新してください。
  • ビデオデコーダー:ソフトウェア(CPU)デコードまたはGPUハードウェアデコードのいずれかを選択します。
  • ビデオエンコーダー:ソフトウェア(CPU)エンコーディングまたはGPUハードウェアエンコーディングのいずれかを選択します。
  • 保存先:書き込んだフォルダまたはISOイメージファイルを保存するディレクトリを指定します。
  • テスト用に小さな iso ファイルのみをエクスポートする: テスト ISO をエクスポートするにはオンにします。vlc media playerを使用してISOを再生し、メニューのテストに使用できます。注:チャプターを含むDVDでは機能しません。

これらの設定をすべて指定したら、青い[スタート]ボタンをクリックして、4K Blu-ray、Blu-ray、またはDVDコンテンツの書き込みを開始します。

 

注:使用しているモジュールを登録していない場合、Yuhan Blu-ray DVD 作成はここに通知をポップアップ表示して、無料試用版と期限切れ版の制限を示し、ライセンスを購入してアクティブ化するオプションを提供します。

 

ステップ6:書き込みを開始する

 

 

次に、書き込みインターフェイスに誘導され、詳細な書き込みの進行状況が表示されます。いつでも書き込みをキャンセルできます。その後、書き込みプロセスが完了するのを待つだけです。